ミシュランガイド5年連続掲載
【ご予約・お問い合わせ】03-3584-6646
沖縄懐石赤坂潭亭 泡波

沖縄波照間島の幻の泡盛「泡波」を東京赤坂で。

沖縄のお酒といえば泡盛。その銘柄はたくさんあります。

 

その中でも「幻の泡盛」といわれている泡盛をご存知でしょうか。

 

 

日本の最南端「波照間島」の波照間酒造で作られている「泡波」でございます。

もちろん、赤坂潭亭でご提供しております。

 

 

波照間酒造さんは、ご家族を中心に営んでおり、泡波だけを手作業により製造されています。

そのため量産を行えず、生産数が少ないのです。

 

また、地元の波照間島での流通が中心なので、波照間島の外への出荷数が少なく、それが「幻の泡盛」と言われている所以でもあります。

 

今では波照間島でも入手がかなり難しくなっているのだそうです。

 

 

「泡波」という名前の由来は、1953年の創業当時、原料に粟を使って泡盛を製造していたことから「泡」を使い、波照間の「波」を並べて「泡波」とされたそうです。

 

代々受け継がれている製法を守りながら改良を重ね、口当たりが良く、まろやかで優しい味わいの泡盛を追及しています。

 

 

泡盛に使う水は、少し塩分の含んだ波照間の地下水を使用。

 

「評価はお客様が決める」というお考えから、コンクールなどには出品せず、泡盛作りを続けていらっしゃいます。

 

 

当店では、沖縄ご出身のお客様や泡盛通の方のご注文が多く、人気の泡盛です。

「赤坂潭亭に来たら、泡波を飲まないとね」と仰るお客様も。

 

泡波を初めてお召し上がりなるお客様は「すごく美味しい!」「泡盛なのに飲みやすいね!」「次回から必ず泡波を頼むことにするよ!」というお言葉を頂きます。

 

 

飲みやすさの理由の一つは、アルコール度数が30度と、泡盛の中では低めの度数。

 

とても柔らかなお味ですので、お召し上がり方はロックをおすすめしております。

通の方は、ストレートで愉しまれる方もいらっしゃいます。

もちろん、水割り、お湯割り、ソーダ割りでもおいしいです。

 

ぜひ、赤坂潭亭で沖縄懐石と共に、泡波をご堪能くださいませ。

 

 

沖縄懐石コースはこちらからご覧頂けます↓

赤坂潭亭の沖縄懐石ディナーコース

赤坂潭亭の沖縄懐石ランチコース

 

【店舗情報】

沖縄懐石 赤坂潭亭(あかさかたんてい)
東京都港区赤坂6-16-11 浜ビル1階
TEL:03-3584-6646
HP:http://www.akasakatantei.com/wp

 

・定休日:日曜日

・営業時間:
ランチ  12:00~14:30(最終入店13:30)
ディナー 18:00~23:00(最終入店21:00)
※月曜日はランチ営業はございません。


Top
MENU
お取り寄せ