ミシュランガイド5年連続掲載
【ご予約・お問い合わせ】03-3584-6646
沖縄懐石赤坂潭亭 シーサーブルー

シーサーの語源と赤坂潭亭にある大嶺實清氏のシーサー

沖縄の魔除けといえば、シーサー。

シーサーとは、伝説の獣の像です。

 

「獅子」が語源のようで、その発音が沖縄の方言によって「シーサー」になったと言われています。

 

門柱や屋根などに置かれ、災いから人や家、村などを守り、悪霊を追い払う守り神・厄除けの意味があります。

 

 

シーサーが置かれるようになったきっかけは、昔、火事が頻発していた時、困った住民が風水師に相談したそうです。

 

すると、「八重瀬岳に原因がある。獅子の像を作って山に向けて置くと良い」と助言され、獅子の像を作って置くと火事がなくなったと言われています。

 

 

この時に作られたシーサーが「富盛の石彫大獅子」と言い、現存するシーサーの中で最も古いと言われています。

 

シーサーは大きさや色、形が様々で、小さくてカラフルなシーサーは観光のお土産としても人気。

表情豊かなシーサーもたくさんいます。

手作り体験で、自分だけのシーサーを作れるお店も。

 

 

ところで、シーサーには雄と雌がいるのはご存知でしょうか。

 

口を開けているシーサーが雄、口を閉じているシーサーが雌です。

 

シーサーを置く場所や置き方は様々ですが、屋根の上に単体で置くには雄が良いそうです。

 

玄関などに対にして置く場合、正面から見て右が雄、左が雌が一般的。

 

 

赤坂潭亭にも、もちろんシーサーがいます。

沖縄の陶芸界の巨匠、大嶺實清氏の作品です。

 

沖縄の海のような綺麗なブルーのシーサーと、グレーのシーサーがいますが、どちらも存在感があり、温かみがあります。

 

階段の踊場でお客様をお待ちしているのがブルーのシーサー。

 

沖縄懐石赤坂潭亭 シーサーブルー

 

 

地下の入り口でお客様をお迎えするのがグレーのシーサーです。

 

沖縄懐石赤坂潭亭 シーサーグレー

 

 

以前、ご紹介した細川護煕さんのシーサーもご覧いただけます。

⇒ TBS情熱大陸にご出演の細川護煕元首相と赤坂潭亭

 

沖縄懐石赤坂潭亭 細川氏シーサー

 

赤坂潭亭へお越しの際は、 当店の守り神「シーサー」をご覧くださいませ。

 

 

沖縄懐石コース(月替わり)はこちらからご覧頂けます↓

赤坂潭亭の沖縄懐石ディナーコース

赤坂潭亭の沖縄懐石ランチコース

 

【店舗情報】

沖縄懐石 赤坂潭亭(あかさかたんてい)
東京都港区赤坂6-16-11 浜ビル1階
TEL:03-3584-6646
HP:http://www.akasakatantei.com/wp

 

・定休日:日曜日

・営業時間:
ランチ  12:00~14:30(最終入店13:30)
ディナー 18:00~23:00(最終入店21:00)
※月曜日はランチ営業はございません。


Top
MENU
お取り寄せ